スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明早戦!~明大祭3日目~

今回も記事を書かせていただいています!レオンです。

3日目の午後には明治ポケモン研究会における明大祭最後のイベント戦」を行いました。
早明戦じゃないですよ!ついつい言っちゃいますけど明治側なのになんで早稲田の名をわざわざ前にしないといけないのかってことです。


明早戦はその名の通り早稲田のポケサー「ポケモンだいすきクラブ早稲田支部」、通称わせぽけと三本勝負のオンラインでポケモンバトルをすることです。今となっては当たり前のオンライン対戦も近年のポケモンを知らない人には衝撃的だったでしょう。


ルールは
・オールスタートリプル(ポケモンと道具の重複は無し以外は何でもアリのBWトリプルバトル)
・XYシングル(XYレーティングのシングルバトルのルール準拠)
・XYダブル(XYレーティングのダブルバトルのルール準拠)
をそれぞれ1試合ずつ行いました。
当然ですがこの頃ポケムーバーは未解禁です。それどころかみんなフレンドサファリを集めたり、対戦用のポケモンを育てていたりとまだまだ対戦環境が整っていない頃ですね。
私もXYシングルの代表として参加しました。



1戦目 ルール:オールスタートリプル
たくや(明治・中野) 選出ポケモン(カポエラー/ミュウツー/モロバレル/アルセウス/カイオーガ/ホワイトキュレム)
VS
アオリアさん(早稲田) 選出ポケモン(ニューラ/ルカリオ/ゲノセクト/アルセウス/ミュウツー/ギラティナ)

オールスタートリプルはミュウツーやアルセウスといった普段使えない超強力なポケモンたちが場に6体並ぶことともあってとても迫力のあるバトルです。子供たちにはたまらなかったでしょう。
試合としてはアオリアさんのパーティはいわゆる叩きパ。ルカリオの特性せいぎのこころを活かしふくろだたきで攻撃を6段階で上げた後、しんそくで先手で倒していく戦法でした。たくや君もその戦法は想定内だったらしく、ふくろだたき対策もできるモロバレルやしんそく無効のもののけプレート持ちアルセウスなどが用意されていました。しかし先発のポケモンの配置を読み誤り、相手のコンボを許してしまい、それだけでなくアルセウスもじこあんじで攻撃を6段階上昇させ、しんそくが使える攻撃6段階上昇のポケモンが2体も出てくる絶望的状況になりました。なんとか粘っていたものの状況を覆すには至らず、アオリアさんの勝利となりました。
配置で試合が左右されるのはトリプルならではの面白さですね。


2戦目 ルール:XYシングル
レオン(明治・和泉)  選出ポケモン(ゲッコウガ/ファイアロー/ドリュウズ)
   VS
FTさん(早稲田) 選出ポケモン(ガブリアス/ナットレイ/バンギラス)

はい、私です。もう負けるわけにはいきませんでした。
まずお互いの1匹目が登場し、さっそく会場は盛り上がりました!
それは私の出したゲッコウガが色違いだったから!

DSC_0850.jpg

まさに闇に生きる忍って感じがして非常にカッコイイですよね!

明早の真剣勝負とはいえ、お祭りの企画の1つに過ぎませんからエンターテイメントとして先発に色違いゲッコウガを出すことで観戦している方々に「色違いのゲッコウガ初めて見た!かっけえ!」とか「流石ポケモン研究会!珍しいポケモン持ってるなあ!」とか思わせたかったわけですよ。ついでに相手に精神的ダメージを与えたい。それで実際色違いゲッコウガが出て大歓声に包まれたとき、本当に嬉しくて始まったばかりの対戦を忘れてしまうほどでした。
この対戦ではゲッコウガが相手のポケモンすべてに強い負担をかけていたのが私にとって大きかったです。FTさんもこちらの動きにあわせて的確なプレイングをしてこちらのポケモンを着実に処理していたため、途中までどちらが勝ってもおかしくありませんでした。ゲッコウガの戦闘不能が勝敗に大きく影響する中で砂ダメと珠ダメの反動で自滅しそうなゲッコウガを救ったのがXYからの天候変更特性の仕様変更。1ターン分の砂ダメが明暗を分けることとなりました。そしてゲッコウガは相手のポケモンすべてを倒す大活躍をして私が勝利しました。

このために2,3週間前から準備していたので頑張った甲斐がありました。

DSC_0858.jpg DSC_0857.jpg
カゲヌイは最高の相棒です!

ちなみにメタモン、国際孵化なしの状態ではじめて大体1300匹孵化しました。間に合わなかったらどうしようかと思ってました。       



3戦目 ルール:XYダブル
ユリガタ(明治・生田) 選出ポケモン(トゲキッス/ウォッシュロトム/メガバンギラス/ウインディ)
   VS
ぽけむらさん(早稲田) 選出ポケモン(ガブリアス/ニャオニクス♂/メガクチート/ウォッシュロトム)

運命の最終戦。発売して1ヶ月もたってなかったのでシングルですらまともなパーティを持っている人は多くないのに二人とも完成度の高いパーティを用意していてハイレベルな戦いが繰り広げられました。
中でもぽけむらさんがニャオニクス♂を使い、特性いたずらごころを活用したしんぴのまもりやひかりのかべ、でんじはなどの定番のサポート技からあまえるでその場で瞬時に相手の火力を削いだりと様々な技を駆使されていて、ダブルにおけるニャオニクス♂の強さを感じさせられたのが印象的だった試合でした。
ユリガタも丁寧なプレイングをしていたのですがニャオニクスのサポートを完全に許したことやぽけむらさんもいいプレイングをしていたのでアドバンテージをとっていけなかったのが大きかったと思います。そしてぽけむらさんの勝利となりました。
この試合は両者ともにメガシンカポケモンを選出しました。やっぱりメガシンカがあるとバトルの迫力が違いますね。



というわけで1‐2で残念ながら早稲田の勝利となりました。
明大生としては早稲田に負けるのはほんと悔しいです。

会場は教室の椅子を全部使ってそれでも立ち見する人がいる位には多くの人に来ていただくことができ、また対戦の攻防のひとつひとつに歓声があがり楽しんでいただけたようで何よりでした。


お越しいただいた皆様、協力していただいたわせぽけの皆様、ほんとうにありがとうございました。



何度でも言います!カゲヌイは最高の相棒です!
スポンサーサイト
つかまえたかず
プロフィール

poke.meiji

Author:poke.meiji
明治大学公認サークル『明治大学ポケモン研究会』の公式BLOGです。

入部希望や質問等がありましたら、
pokemon.meiji☆gmail.com(☆→@)
にメールを送ってください^ー^

サークル員はいつでも募集中です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ARマーカー(嘘)
QR
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。