9/22 GPAマルチ

こんにちは!前期に9単位を落としてしまった和泉支部長のあまみやぽけです。今回はそんな成績にまつわる企画で、9/22に行われたGPAマルチの活動報告をします!
そもそもGPAマルチとは?
GPAマルチとは、自分のGPAの数値を用いたマルチバトルです。
・使用できるポケモンは
1.自分のGPA×100の図鑑番号のポケモン
2.自分のGPA×200の図鑑番号のポケモン
3.自分のGPA×100+400の図鑑番号のポケモンの三体 です。
例えば僕のGPAは2.03なので
2.03×100で図鑑番号203のキリンリキ
2.03×200で図鑑番号406のスボミー
2.03×100+400で図鑑番号603のシビビール
の三体が使用可能です。
GPAが低くても強いポケモンを使える人がいればGPAが高くても弱いポケモンを使う人もいるのがこの企画です。GPAの高さがポケモンの強さを決める絶対条件ではないと証明できるルールですね。
サークル員のなかにはGPA×100のポケモンが、アブソルやボーマンダと、勉強とポケモンの両立ができていて感心しました。
・ペアは当日ランダムでブロック予選後から決勝トーナメント
・ブロック予選の順位の決め方は①勝ち数②直接対決③チームのGPAの合計値にしました。
GPA直接対決で惜しくも予選敗退のペアがあったので、やはりGPAは大切だと感じましたね。
自分のGPAポケモンたちを活躍させるために特性を最大限引き出したり独自の調整で相手を対策していたりと、なかなか面白い型ポケモンたちが見受けられました。

なかには自分のGPAポケモンに落単した講義名をニックネームとしてつけているサークル員もいました。
激しい予選と決勝トーナメントを勝ち上がり見事、決勝戦に駒を進めたのは
田山エルフ・よるこうペア AKIRA・がむペアでした。
田山エルフ・よるこうペアのGPAポケモンは
《オムスター、キャモメ、ダゲキ》と《カブトプス、サーナイト、クルマユ》
AKIRA・がむペアのGPAポケモンは
《サメハダー、コバルオン、ディアンシー》と《コノハナ、チュリネ、ヤンチャム》でした。

試合はダゲキインファイトと格闘Zでコバルオンとディアンシーを立て続けに倒し試合を有利に進めた田山エルフ・よるこうペアでした!おめでとうございます!
田山エルフ・よるこうペアは2人の合計GPAが2.80にも関わらず決勝戦で勝利しGPAの高さがポケモンの強さではないと証明してくれました!

とういこうで今回の活動報告は以上になります。ご覧いただきありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

つかまえたかず
プロフィール

poke.meiji

Author:poke.meiji
明治大学公認サークル『明治大学ポケモン研究会』の公式BLOGです。

入部希望や質問等がありましたら、
pokemon.meiji☆gmail.com(☆→@)
にメールを送ってください^ー^

サークル員はいつでも募集中です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ARマーカー(嘘)
QR
Twitter on FC2